【からんさの成分・原材料がしつこいぐらいに高配合だけど大丈夫?】

花蘭咲(からんさ)は、どんな成分・原材料でできているのか調査しました。

花蘭咲(からんさ)は薄毛に悩む女性用育毛剤として高配合・高品質で安定した人気があります。
厚生労働省から効果と効能が認められていることで、安心感もあります。

 

花蘭咲

 

女性向けの高配合育毛剤となっていますが、どんな成分原材料なのかも知っておきたいし

  • 安全性は?
  • 女性向けって?
  • 男性が使うとまずいことがあるの?

ということも気になりますよね。

 

あとで後悔するのはイヤですので、納得するまで調べてみました。

 

見ていくと、これでもかっていうぐらい高配合になっているので焦りました。

 

細かいことまで記載しておりますので、しっかりと御覧くださいませ。

 

 

医薬部外品としての効能成分 + エビネエキスと天然植物由来のエキスを高配合

花蘭咲高配合

    花蘭咲は医薬部外品の3種類の成分とエビネなどの天然植物エキスで

  • 血行を良くする
  • 頭皮環境を整える(抗菌、抗炎症・フケ・かゆみを抑える)

ケアを行っているのですが、成分や原材料の名前がむずかしかったり、なじみがなかったりでただ見ただけではわかりませんよね。

 

ですので、成分と原材料を一つずつ簡単に解説していこうと思います。

 

 

花蘭咲(からんさ)は、厚生労働省から医薬部外品としての認可を受けています。

医薬部外品とは
厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されています。

効能と効果の度合いは、医薬品と化粧品の間です。化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品

認められている効果と効能は(育毛、薄毛、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、かゆみ、病後・産後の脱毛、養毛)です。

 

医薬部外品としての有効成分
センブリエキス、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシン

 

その他の成分
水、エタノール、エビネ抽出エキス、1.3-ブチレングリコール、エイジツエキス、ローズマリーエキス、サンザシエキス、ワレモコウエキス、チャエキス(1)、トリメチルグリシン、トウキエキス(1)、フェノキシエタノール、センブリエキス、トウガラシチンキ、パントテン酸カルシウム、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシン、ゆずエキス、ビオチン、l-メントール、クエン酸

 

 

薬用育毛剤として効果と効能が認められていることで安心感が違います。

 

花蘭咲が医薬部外品として認められている有効成分は、3種類になります。

  • センブリエキス・・・・血行促進
  • ニコチン酸アミド・・・・血行促進、抗炎症作用
  • 塩酸ピリドキシン・・・・抗菌、フケ・かゆみ抑制
センブリエキス

花蘭咲センブリ

 

リンドウ科の植物「センブリ」から抽出された成分で血行を促進する作用が期待できます。
古くから生薬として下痢や腹痛に使われていたもので、「千回振出して(お湯につけて出しても)もまだ苦い」とところからセンブリの名前になっったらしいです。

 

ニコチン酸アミド

ビタミンB群の一種で「ビタミンB3」のこと、皮膚や粘膜を正常にキープしたり、血行を良くする働きがあります。

 

お肌の健康をキープするために必要なビタミンになります。
花蘭咲(からんさ)にこの成分を配合しているのは、頭皮環境を整えて毛髪がスムーズに成長するのに良い状態に保つためです。

 

塩酸ピリドキシン

皮膚や粘膜を正常にキープするために必要な成分です。
頭皮脂過剰による雑菌などによる炎症を抑えて育毛環境を整える働きがあります。

 

フケやかゆみを抑える作用があるので花蘭咲に配合されています。

 

センブリエキスは植物なのかなーってわかりますが、他のの2つの成分は名前からしてむずかしいですが、要は血行促進、抗炎症、抗菌が期待できる成分だということです。

 

医薬部外品として認められている3種類の成分がどうやって育毛するのかを簡単に表現するとすれば・・・

 

「頭皮の血行を良くして髪が作られる細胞に栄養を送り、同時に髪が育つ頭皮の環境を良く保つ」ことで育毛するんですね。

 

花蘭咲育毛剤って血行を良くして髪が作られる細胞に栄養を届けやすくするものなんです。

 

けっこう地道な働きで育毛していくんです。

 

 

天然植物エビネエキスが花蘭咲の主成分

 

エビネ蘭の球根から抽出したエビネエキスが花蘭咲(からんさ)の主成分です。
花蘭咲には、宮崎県の山間部で自然栽培されているエビネ蘭のみ使用しています。

 

可愛い花が咲くエビネ蘭には、最近の研究で球根に3種類の育毛効果がある成分があることがわかったのです。

エビネ蘭花

それも、エビネ蘭以外では発見されていないという貴重なものなのです。

 

球根から抽出される3種類の育毛成分とは

  1. カラントサイド…血行促進
  2. グルコインディカン…炎症を抑える
  3. トリプタントリン…抗菌、フケ・痒みの予防

成分名は難しいのですが、注目すべきは、植物由来ならではの優しさがデリケートな女性の頭皮に適していることです。

 

 

この貴重なエビネエキスを他社に先駆けて採用しているのが花蘭咲(からんさ)であったりもします。

 

公式サイトをチェックしてみる 花蘭咲(からんさ)

 

 

デリケートな女性の頭皮に、天然植物由来のエキスその他

天然植物由来のエキスは、エビネ蘭エキスを含めて10種類も配合されています。
どこかで名前を聞いたことがあるようなものもありますが、どんな効果が期待できるのかまでは知りませんよね。

 

ちょっと長くなりますが、こちらも一つづつ簡単な説明を加えてみましたので御覧ください。

 

へえ〜って思うようなものもあるかも?

 

花蘭咲の成分は水分をベースに配合されています。成分ばかりではどろどろになってしまいます。

 

エタノール

アルコールのことで、ほとんどすべての育毛剤に含まれている成分です。
育毛剤に限らず化粧品にも多く使用されています。

  • 殺菌作用による製品の品質保持
  • 成分を混ざりやすくするため
  • 頭皮の毛穴周りの皮脂を溶かして成分の浸透性を良くする。
  • 頭皮の殺菌

毛穴とその周りに皮脂汚れが残っていると花蘭咲の成分が浸透していかなくなってしまいます。
そういった理由からこのエタノールは幅広い育毛剤にも使用されており、このからんさにはきちんと含まれているんですね。

 

1.3ブチレングリコール

みずみずしい肌にしていく保湿効果と抗菌の目的で配合されています。
地肌にうるおいを与える効果が期待できます。

 

エイジツエキス

花蘭咲ノイバラ.jpg
バラ科の野茨(ノイバラ)から抽出された成分。果実を営実(エイジツ)というところからこの名前。

  • 皮膚の細胞を活性化
  • 新陳代謝を維持

皮膚のバリア機能(皮脂)を改善する作用が、紫外線から受けた肌のダメージを蓄積しないように働きます。

 

ローズマリーエキス

花蘭咲ローズマリー
血管を刺激することで血流を促進する作用があると言われています。

 

サンザシエキス

花蘭咲サンザシ
バラ科のサンザシ(山査子)から抽出される成分。
薬用として使われはじめて2000年以上。
活性酸素を除去する作用で頭皮を健康で若々しい状態に保つと言われています。

 

ワレモコウ(吾亦紅)エキス

花蘭咲ワレモコウ
抗炎症、収れん(はだを引き締める)、抗菌作用で知られています。

 

チャエキス(1)

花蘭咲チャ
お茶の葉から抽出されたエキスのカテキンが、脂肪分解作用があり、頭皮の毛穴つまりの解消につながります。

 

トリメチルグリシン

保湿性により頭皮の乾燥を予防して頭皮環境を整える目的で配合されています。

 

トウキエキス(1)

花蘭咲トウキ
セリ科の多年草植物で漢方薬として広く知られています。
血行促進の効果があるとされいます。フケ・かゆみなどの炎症を抑え、保湿作用もあると言われています。

 

フェノキシエタノール

花蘭咲の成分を守る防腐剤として含まれています。

  • 同一の濃度でなら、パラベンより刺激性が低い
  • パラベンより殺菌力は劣る
  • アレルギーの心配がない

防腐剤を全く含まないと開封後に菌や微生物の増殖リスクが高くなってしまうためどうしても少量配合する必要があります。

パラベンは過去化粧品に長く使われてきた防腐剤です。厚生労働省が1980年に定めた「人によっては肌トラブルなどが起こる可能性が高いと判断した」表示指定成分だったため、以来ずっと悪者扱いされている成分です。

 

トウガラシチンキ

花蘭咲トウガラシチンキ
トウガラシ(唐辛子)から抽出された成分です。
血管を拡張して血行を促す作用があるとされています。
実際に、寒い冬に靴下の中に入れて足の小指がしもやけにならないようにしているのを聞いたことがあります。
血流を促進するんだと思います。

 

パントテン酸カルシウム

頭皮の皮脂が過剰に分泌されるのをコントロールし、正常な分泌にします。
過剰な皮脂分泌は、毛穴詰まりの原因になります。

 

ユズエキス

花蘭咲ゆず
ユズ(柚子)から取れるエキスで、保湿、肌の引き締め・整え作用があると言われています。

 

ビオチン

ビタミンB群の一種で肌の細胞の新陳代謝を活性化します。

 

I-メントール

すーとする、あのハッカやミントに含まれる成分です。
血行促進と抗菌作用が期待できます。

 

クエン酸

頭皮と同じ弱酸性でかゆみや荒れを防ぎ健康な状態を保ちます。
血行促進作用もあると言われています。

 

 

調べていて気づいたのですが、血行促進だけでも、いくつもの原材料を重複して配合しているんですよね。

 

しつこいぐらいに。これでもかって!

 

これが、高配合っていうことなんですね!

 

 

成分・原材料のまとめ

花蘭咲(からんさ)は、育毛に必要な成分と天然植物エキスを高配合しながらバランスよく構成しています。 

 

女性の薄毛をケアする薬用育毛剤としては、間違いなくトップクラスです。

花蘭咲成分1.jpg

 

昔から毛生え薬などと呼ばれ、とかく怪しいものが出回っていた時代もありましたが、花蘭咲は、ちゃんと厚生労働省から効果と効能が認められている育毛剤ですので安心感が違います!

 

 

2分に1本売れている

 

 

花蘭咲(からんさ)の安全性は?

成分と原材料はわかりましたが、安全性はどうなのか気になりますよね。
原材料の10種類は天然植物由来ですが、それ以外の成分で添加物などは使ってないでしょうか?

 

花蘭咲で無添加なのは

  • 香料
  • 着色料
  • 合成界面活性剤
  • パラベン(防腐剤)

の4成分についてです。

 

パラベンは化粧品に長く使われてきた防腐剤です。厚生労働省が1980年に定めた「人によっては肌トラブルなどが起こる可能性が高いと判断した」表示指定成分だったため、以来ずっと悪者扱いされている成分です。

 

花蘭咲は、完全な無添加というのではなく、次のような成分は含まれています。

 

エタノール、メントールは殺菌、浸透、フェノキシエタノールは濃度が薄いですが防腐剤の目的で配合されています。

 

これらの成分は、ほとんどの女性育毛剤に含有してますし、多くの化粧品にも含まれていたりします。
ですので、それほど心配することはない成分であることも事実です。

 

注意点としては、「アルコールに敏感な方はご使用をお控えください」と公式ページに小さな文字で書いてあります。

 

今までにアルコール成分が含まれていた化粧品でかぶれたりした経験があるなら心配ですよね。

 

花蘭咲はメーカーで発売前にパッチテストを行って確認しているのですが、個人差があるので超敏感肌なら念の為、使用前にテストを行ったほうが安心です。

 

パッチテストは
二の腕パッチテスト

 

花蘭咲を二の腕の下側に少量(10円玉の大きさ)塗ります。
(この写真でつまんでいる辺り)

 

そのまま触れないで48時間放置します。

 

絆創膏(ばんそうこう)やテープなどを貼らないようにしてください。

 

1回目、塗ってから30分後に観察します。
かぶれたり、赤くなっていないか確認します。

 

2回め、48時間後に観察。
同じように、かぶれたり、赤くなっていないか確認します。

 

問題なければ、合格! 花蘭咲が使用できます。

 

 

女性用薬用育毛剤 花蘭咲(からんさ)

花蘭咲は女性用

 

花蘭咲(からんさ)は、女性の薄毛をケアするため、医薬部外品として認められた3種の成分とともに、10種類もの天然植物由来のエキスを高配合しています。
女性のデリケートな頭皮でも刺激なく使えるように考えられています。

 

ここでは、女性が薄毛になってしまう主な4つの要因と、花蘭咲が持つ効果と効能でケアできるのか確認していきます。

 

女性ならではの薄毛は

  1. 加齢
  2. ストレス
  3. 出産
  4. 環境や外的要因

が考えられます。

 

加齢による薄毛

加齢による女性ホルモンの減少、頭皮の血行不良。
何処か1ヶ所というより、全体が薄くなる。
髪にハリ・コシがなくなって、ぺたんこになってきたなという感じ。

 

ストレスによる薄毛

強いストレスが続くと頭皮が血行不良に。
そうすると、栄養が毛根に届きにくくなります。
過度なダイエットによって体にストレスを与えてしまうと髪のサイクルが乱れたり、育っている途中で抜けてしまう可能性もあります。

 

出産による薄毛

妊娠中に増加していたホルモンが出産とともに急減し、ホルモンバランスに影響します。
産後に髪のサイクルをが乱れ、ぬけ毛がひどくなったりします。
ホルモンバランスが徐々に戻って自然に回復するのが普通です。
でも、赤ちゃんのお世話で睡眠や食事が不規則になってしまうと、それがストレスとなって薄毛になる場合があります。

 

環境や外的要因による薄毛

長年いつも同じところに髪の分け目を続けていたりして日中紫外線を多く浴びているようだと、頭皮と毛根にダメージを受けてしまいます。
分け目のところの頭皮がスカスカに見えたりする感じになってしまいます。
ひどくなると、炎症を起こし、かゆみやフケが出る場合があります。

 

女性の薄毛の要因と花蘭咲

女性が薄毛になってしまうのは

  • 加齢による血行不良
  • ストレスや産後の抜け毛(血行不良)
  • 紫外線によるダメージと炎症による(かゆみやフケ)

が要因であることがわかりました。

 

 

花蘭咲(からんさ)が医薬部外品として厚生労働省から認められている効果と効能をみてみると。
(育毛、薄毛、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、かゆみ、病後・産後の脱毛、養毛)となっています。

 

医薬部外品として厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分として3種類あり

  1. 血行促進
  2. 炎症を抑える
  3. 抗菌、フケ・かゆみの予防

でした。

 

この3種類に加えて、10種類の天然植物のエキスが高配合(しつこいくらいに)されデリケートな女性の頭皮をケアしてくれます。

 

しっかりと女性向けに作られているんですね。

 

 

からんさ花蘭咲を男性が使っても効果ある?

花蘭咲男性もほしい

花蘭咲の公式ページを見ても、女性向けとはなっていますが、男性も使えるとか使えないとか書いてないんです。

 

使えないのかなーって思っていたら・・?

 

でも、花蘭咲を購入した時のパンフレットでは、Q&Aに「男性が使用しても問題なく、ご夫婦で使っている方も多いそうです」とあります。

 

使えるんですね!

 

本当に知りたいのは、「男性が使用しても効果があるの?」っていうことなんです。

 

どうして男性も使えるの?

花蘭咲(からんさ)は、「頭皮の血行を促進することにより、髪を作る細胞に栄養が届きやすくする育毛剤」なので性別に関係なく使えるんですね。

 

女性ホルモンに働きかけるような育毛剤だと、性別で決まってしまうのです。

 

 

お値段も男性用育毛剤に共通する高額なものに比べればお値打ちに感じます。

 

男性の場合、薄毛が進行してー>◯ゲになってしまうので切実なんです。
だから育毛剤が高くても買わないと・・ってなってしまいます。

 

 

 

花蘭咲は、厚生省から効果と効能が認められている成分に加え、天然植物のエキスを高配合することにより女性に優しい薬用育毛剤となっています。

 

ハリやコシ、髪の量が少なくなってきたなーと感じても「年齢だから・・・」とあきらめてしまうことはありません、高い血行促進作用でしっかりケアできます。更年期で髪の毛が細くなったと感じている女性にもおすすめです。

 

以上が花蘭咲(からんさ)の原材料と成分。安全性などについての記事でした。

 

さらに髪で気になるポイントや薄毛について花蘭咲のことを知るには、公式サイトをチェックしてくださいね。

花蘭咲高配合

花蘭咲の公式サイトはこちらから 花蘭咲(からんさ)

 

花蘭咲(からんさ)の口コミ関する関連記事はこちら

 

花蘭咲からんさ口コミ※評判の女性用育毛剤は使える?悪評とは?

page top